FC2ブログ
セッター、ポインターを主に救済しているBirddog Preserveのブログです。
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
供血ボランティア
2016年01月20日 (水) | 編集 |
ハンス君

フィラリア陰性、健康状態良好のハンス君。
先日、供血のボランティアをしてきました!

DSC05082.jpg

救急医療センターではいつもいつも血がたりません・・・。
センターから保護した子達はフィラリア陽性の子が多く、供血に協力できる子が少ないです。
供血できるの子は大きくて健康で1歳から5歳の若い子に限られ、今まで協力してきた子は保護犬ではないシェパード、ゴールデン、ボーダーコリーなど。
当日も血液検査などで問題がないか確認してから供血に入ります。
DSC05105.jpg
DSC05104.jpg
<DSC05102.jpg

ハンスは病院でも相変わらず明るいな~
診察する先生も良い子だね~の繰り返し。
君の性格の良さはどこからくるのだろう(笑)
ハンス、お疲れ様でした!!

当ブログは にほんブログ村 に参加しています。クリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村


スポンサーサイト




センターの子、年末から年始にかけて。
2016年01月11日 (月) | 編集 |
年末から年明けの数日間寒いセンターに残してきた子達が特に気になります・・・。

DSC04647_20160111222320f80.jpg
この子はずっと震えが止まりません、助けてあげられなかった。

DSC04305_201601112228065bb.jpg
ボーダー風の聡明そうな子。
引取りの連絡するタイミングが悪くこの子も処分になりました。

DSC04298_20160111222805514.jpg
DSC04650.jpg
DSC04341_20160111224930cf7.jpg
DSC04338_20160111230729397.jpg
DSC04339.jpg
DSC04343_201601112307328f0.jpg



ボッシュ君
DSC05051.jpg
仕事納めもそろそろという日、遅い時間に交差点でウロウロしていたボッシュ君。
危ないので声をかけたら一目散に走り寄ってきたーー。
事故に遭わないでよかったねー、けど保護場所はもういっぱいじゃん。どうしよう。
でも、とりあえずワクチンや健康診断を済ませて飼い主捜しだ!
ポスター貼りも一日ががりで結構大変でした・・・。
そんな中、年明けに飼い主の家族から連絡があり、兄の家の犬らしいと。
健康診断でフィラリア陽性だった為、フィラリアの継続治療をしてもらえなければ返せないと伝えたところ
「いらない」という返事でした。
つくば市中心のお住まいでも、こんな飼い方をしている人は結構多いです。
そんなわけで、ボッシュの里親さまを募集しています。


りんご
DSC04824.jpg
クリスマスに乳腺腫瘍の手術をしたりんご。
包帯の巻き直しやら消毒、血液検査などで大晦日元旦も動物病院へ。
先生、毎日顔出してほんとにすみません・・・。
病理検査の結果は良性でした!
お陰様で順調に回復しています。
F先生いつもありがとうございます!


クッキー
DSC04346_20160111221554a8d.jpg
11月ハンスを引取りに行った日に処分予定だった老犬の女の子。
人の出入り口をじっと見つめていました。
きっと飼い主に可愛がられていたに違いない。
職員さんにお願いし処分を延期してもらいました。
でも飼い主は現れず・・・1月5日、茨城県動物指導センターへお迎えに。
2ヶ月も待たせてしまってごめんね。
翌日は動物病院で検査等済ませて預かりさん宅へ向かう予定でしたが、ナント首輪の裏に名前と飼い主の氏名電話番号が・・・
あ~センターは首輪を外して確認しないんだ・・・。
首輪の裏に書いても見えないのだから飼い主も決して良い飼い主とは言えません。
老犬のクッキーちゃん、センターで暮らす中どんどん表情がなくなりました。
DSC05071.jpg
オスメスの間違いや処分日を守らず早めたり助ける子も処分されたり、いままでも多々ありえない事がありました。
センター職員さん、首輪が命綱という事を忘れないでください。


キキ
1月7日、うずくまって動けない猫ちゃんがいるとボランティアのNさんから猫のレスキューがありました。
即、救急医療に対応できるつくば市の医療センターに連絡しNさんに猫ちゃんを連れて行ってもらいました。
Nさんから入る情報で重篤である事がわかりました。
横隔膜ヘルニア、後ろ足骨折。
緊急手術をしていただきICUで頑張ってくれましたが、事故後数日経っていたようで体力もなかったのでしょう。
手術後数時間頑張ってくれましたが亡くなってしまいました。
まだ1~2歳くらい。
翌日引取りに行ったとき、Nさんはもう少し早く保護出来ていたらと泣いて泣いて・・・。
でも後悔はしないで。出来る事は全部したのだから。
9日二人で火葬してきました。
名前はキキ。
Nさん、本当にありがとう。
DSC05106.jpg



当ブログは にほんブログ村 に参加しています。クリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村